麦わらぼうし・出縄喜文

カテゴリ:行政( 24 )

パワハラ・セクハラ

 パワハラ・セクハラ



平塚市議会の3月定例会が3/24終りました。
ある常任委員会の中で、管理職に対して庁内のパワハラ・セクハラについて尋ねると、
そのようなことはありません、聞いたこともないという答弁が帰ってきました。
約2300人いる職員、あっても不思議ではないと思われます。
わたしの耳にも入ってきます。しかし、その管理職の耳には入ってこないという。
たまたま、その人の周辺ではなかったのかもしれません。しかし、庁内の情報が
共有されていれば当然情報はあるはずです。こういうところに目配り、気配りをするのが
管理職のはず。それとも庁内で村八分にあっているのか。孤立しているのか。
管理職の役目を果たしていないのでは。
4/1人事異動の辞令があるそうです。
降格人事は無いようです。

[PR]
by y-idenawa | 2009-03-28 09:25 | 行政

定額給付金 その後

その後どうなった?026.gif
 
3月11日総務経済常任委員会において、定額給付金が話題になりました。
定額給付金に反対する議員。積極的に利用しようとする議員。本市はどこに向かうのか。
3月9日商店街連合会、商工会議所の幹部のみなさんが市長副市長と会談。
定額給付金をプレミアムつきの商品券として市内で利用するという提案。
1万円が1万1500円の商品券として使えるようになるというもの。
販売は10億円分、商連が5千万円、平塚市が1億5千万円の負担。
喜ぶ市民も多いと思います。まちの活性化にもなります。
しかし、市長は予算がないからできません。・・・と
ところが、常任委員会では所管の課長はできないと答弁したが、副市長は検討すると発言。
さあ、どう検討されるのか。
市長発言と違うのでは。副市長のほうが権限があるのか。?
今後の成り行きが興味深い。注目。

[PR]
by y-idenawa | 2009-03-12 09:35 | 行政

定額給付金

 これでいいのか005.gif

 定額給付金、平塚市は特に何もしない。どうやら口座に振り込む作業をするだけのようだ。
 今、3月議会が行われています。わたしや同僚議員が定額給付金について、プレミアム付きの商品券のようなものを求めても、いっこうにやる気を見せないわが町の市長。積極的にこのチャンスを生かそうとしなければ、景気対策にならないと思う。国から言われたから市民に配ります。だけでは愚策に終わると思います。
市民のみなさんは、どう考えているのでしょうか。

[PR]
by y-idenawa | 2009-03-05 23:24 | 行政

阿久根市議会解散

025.gif

  解散

 阿久根市議会は2月10日解散となりました。
 3月15日告示
 3月22日投・開票
 定数16名

 さて、 どのような人が立候補し、当選するのでしょうか。注目です。
 市長が望んでいる定数削減が出来ないで同数改選となりますが、議員の質が変化すれ    ば解散も意義が出ると思います。しかし、そうでないと直接、間接の選挙費用が住民の     負担になるだけに終る可能性もあります。
 住民の賢い判断が求められます。

[PR]
by y-idenawa | 2009-02-11 23:20 | 行政

不信任決議



 市長不信任決議案が可決013.gif

 鹿児島県阿久根市、市長不信任案可決されました。これにより市長は、近いうちに市議会の解散をすることになるでしょう。その後40日以内に市議会議員選挙となります。
 人口24,361人、世帯数10,763戸、
 市役所職員 265人、議員16人
 当初予算額 96億4,600万円

 みなさん少し注目してください。阿久根市長「竹原信一」氏のブログをごらんください
。 さるさる日記-阿久根時事報、「住民至上主義」 
[PR]
by y-idenawa | 2009-02-06 22:45 | 行政

定額給付金



  愚策その後


定額給付金か低額給付金か。
ともかく給付のようです。平塚市には約11万世帯分、概算で39億円となるようです。
これがすべて市内で消費されたら、本市にとって大きな経済政策になることでしょう。
しかし、使われない額と市外で消費される額を考えると喜んでいられません。実質どのくらいが市内で消費されるか分かりませんが、市内でしか使えない商品券のような形をとると、効果は期待できるのではないでしょうか。どうせ、配布に当たっては一般会計から予算を使うのであれば、より有効な手段を選択すべきと考えます。
平塚市の積極的な政策に期待します。

[PR]
by y-idenawa | 2009-01-22 10:48 | 行政

2兆円



 
 愚策?・・・・・

 2兆円の定額給付金、だだ今迷走中。
わたしもたとえいくらでも、もらえるものは貰いたい。だれでもそうだろう。
しかし、今の状況を考えるとはたしていいことなのだろうか。
今、わたしが2兆円規模の政策を打つとしたら、定額給付金にはしないだろう。
他にやることがいくらでもある。
政府の発想の貧弱さ加減にあきれるばかりです。
この状況を打破できる人はいないのか。政治が機能しないのか。
学者やシンクタンクが裏にいるのか。理解不能。
はっはっはっ・・・・・わたしがばかなんだ。
ようやく理解できました。

[PR]
by y-idenawa | 2009-01-07 23:05 | 行政

新保健センター



 4月1日から新保健センター、休日・夜間急患診療所が開所しました。場所は東豊田の湘南車検場の東側です。3階建てのすばらしい施設です。有効に利用されることを祈っています。
 ただ、なんとなく、気になることが。・・・
この施設の3階に健康課が事務所を構えることになりましたが、南側前面ガラスの一等地の部屋をつかうことです。この建物はたくさんの市民が使う会議室やスペースがありますが、それらは東側や北側に配置されています。たぶんこれがベストと考えたのでしょうが。・・・それと、2階3階に通じる階段です。設計図を見た時点でもふしぎな感じを受けましたが、現地をおとずれるともっと不思議です。3階の健康課に行くのに分かりにくく、迷ってしまいそうです。ちょっとかわっているだけなのでしょうか。わたしだけが感じたのでしょうか。もし行かれた人がありましたらご意見をお聞かせください。ともあれ、市民の健康を守る拠点ができたことは良かったことと思います。
e0059589_21151642.jpg

[PR]
by y-idenawa | 2008-04-04 21:18 | 行政

市民平和の夕べ

 平和への願い

 市民平和の夕べが8月16日午後6時30分より開催されました。場所は平塚市総合公園中央のレストラン横の池です。たくさんのボランティアのみなさんの協力のもと、平和への願いをこめたたくさんの灯篭が流されました。あいにく、途中雨にたたられましたが、それにもめげず続けられました。平和とは何でしょう。もっともっと真剣に考えることが必要でしょう。きょうも地球のどこかで戦争が繰り広広げられています。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
e0059589_0431771.jpg

[PR]
by y-idenawa | 2006-08-17 00:43 | 行政

フォーラムに参加

 第1回全国市議会議長会研究フォーラム

 8月3日13:00から日比谷公会堂にて
 全国市議会議長会主催
 テーマ:地方議会と市民参加
 
 基調講演は、北川正恭早大大学院教授(元衆議院議員、三重県知事)による「分権時代と二元代表制」でした。
 要点:あれかこれかの選択を市長と議会が市民に示す必要がある。
    :何をやるかで市民は市長と議員を選択する。
    :議員はこれ以上未来の若者に借金を残すな。
    :選挙はお願いから約束に変わらなければならない。
    :改革は自分が変わること。

 こららを「北京のちょうちょ」にたとえていた。北京の一匹のちょうちょが羽ばたき、その波動がニューヨークに伝わることのたとえ。たったひとりの改革が広がり、世界を変えること。

 私も思います。議会も議員も市民・有権者も進化しなければならない。正論が通る議会、行政をめざすことです。わたしは挑戦したい。新しい価値観を。

 
e0059589_23591925.jpg
e0059589_23594924.jpg

[PR]
by y-idenawa | 2006-08-03 23:57 | 行政



市民が誇りを持てるまちをめざして活動していきます
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31