麦わらぼうし・出縄喜文

<   2006年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧

市民平和の夕べ

 平和への願い

 市民平和の夕べが8月16日午後6時30分より開催されました。場所は平塚市総合公園中央のレストラン横の池です。たくさんのボランティアのみなさんの協力のもと、平和への願いをこめたたくさんの灯篭が流されました。あいにく、途中雨にたたられましたが、それにもめげず続けられました。平和とは何でしょう。もっともっと真剣に考えることが必要でしょう。きょうも地球のどこかで戦争が繰り広広げられています。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
e0059589_0431771.jpg

[PR]
by y-idenawa | 2006-08-17 00:43 | 行政

盆踊りの話題

 盆踊り大会

 どこにでもある盆踊り大会のようでそうではない。平塚市吉沢地区の盆踊りは、『吉沢青年親和会』という団体が主催している。むかしはどこにでもあった青年会の直系組織です。カーブミラーの清掃や、観光地の清掃など、自主的な活動を通して親睦を深めている。
 わたしはこういう組織が地域に必要だと思っています。自治会もありますが、行政の委託事業のような活動が目立ちます。もっと地域住民が身近でいられる活動ができれば、隣近所でいがみ合ったりすることなく、お互いにゆずりあい、助け合いしながら生活ができれば、心豊かな生活ができるのではないでしょうか。『吉沢青年親和会』がいつまでも続くようわたしは応援したい。

8/10から8/12まで吉沢公民館広場で行われる盆踊りのやぐら建てとメンバー
e0059589_1629526.jpg

[PR]
by y-idenawa | 2006-08-08 16:33

フォーラムに参加

 第1回全国市議会議長会研究フォーラム

 8月3日13:00から日比谷公会堂にて
 全国市議会議長会主催
 テーマ:地方議会と市民参加
 
 基調講演は、北川正恭早大大学院教授(元衆議院議員、三重県知事)による「分権時代と二元代表制」でした。
 要点:あれかこれかの選択を市長と議会が市民に示す必要がある。
    :何をやるかで市民は市長と議員を選択する。
    :議員はこれ以上未来の若者に借金を残すな。
    :選挙はお願いから約束に変わらなければならない。
    :改革は自分が変わること。

 こららを「北京のちょうちょ」にたとえていた。北京の一匹のちょうちょが羽ばたき、その波動がニューヨークに伝わることのたとえ。たったひとりの改革が広がり、世界を変えること。

 私も思います。議会も議員も市民・有権者も進化しなければならない。正論が通る議会、行政をめざすことです。わたしは挑戦したい。新しい価値観を。

 
e0059589_23591925.jpg
e0059589_23594924.jpg

[PR]
by y-idenawa | 2006-08-03 23:57 | 行政



市民が誇りを持てるまちをめざして活動していきます
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31