麦わらぼうし・出縄喜文

<   2010年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧

高齢社会




 認知症サポーター

 市議会の議員研修の一環で、厚労省の「認知症を知り地域をつくる」キャンペーン

 で高齢福祉課の職員による研修を受けました。

 高齢社会で増え続ける認知症にどう対応したらいいのか、いろいろ勉強しました。

 少しは認知症に対する理解が進んだようです。

 わたしも晴れて「認知症サポーター」となりました。
e0059589_10211817.jpg
 
[PR]
by y-idenawa | 2010-12-28 10:21

1500万円




  中間所得層にも届かないわたし


  19日フジテレビ新報道2001。

  海江田万里経済財政相は税制改革のなかで年間所得1500万円

  の人は中間所得層だと発言。おいおい。

  1500万円の年間所得がある人は国民の1パーセントといわれている。

  それがどうして中間所得層なのか。

  この大臣思った以上に庶民感覚に乏しい。

  こういう人が経済財政相では国民はうかばれない。

  わたしは家庭で立場がない。
  



  
[PR]
by y-idenawa | 2010-12-21 08:25

ツインシティー計画




 相模川をはさんで平塚大神地区と寒川倉見地区を中心にツインシティー

 計画があります。県の事業でもあり、知らない市民がほとんどです。

 新幹線新駅の誘致と相模川に新しいツインシティー橋をつくり、加えて

 相鉄いずみの線の延伸をはかり、新しいまちを作ろうとする計画です。

 平塚市も総合計画にうたい、すでに大神地区の水田地帯の土地区画整理

 事業を進めようとしています。

 しかし、新駅の場所も予算も見込みもない。ツインシティー橋もどこに

 どのようなものができるかもなにもない。この状態で土地区画整理事業

 だけ進めると総合計画と整合性がとれない。いまの状況だと土地区画整理

 事業は休止することが当然だ。とわたしは考えます。それでも担当部署は

 土地区画整理事業を進めるという。総合計画を無視する暴挙ではないか。

 市長はこれをどう説明するのだろうか。
 

[PR]
by y-idenawa | 2010-12-15 12:43 | 行政

本会議


 総括質問始まる 


市長答弁。

 マニフェストは二つを残しほぼ達成した。

 達成されやすいマニフェストを提示すればどうにでもなる。

 それで平塚がどう変わったかだ。

 なにが変わったのだろうか。

 平塚の強み。

 里山、海、川などなど。

 それはどう生かされたのだろうか。

 大蔵市政の特徴は。

 3期目の市長選出馬は考慮中という。

[PR]
by y-idenawa | 2010-12-08 08:27 | 行政



市民が誇りを持てるまちをめざして活動していきます
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31